近視矯正ICL

日本初 厚生労働省承認フェイキックICL

ICLは角膜を削らない、視力矯正方法です。

ICLを使用した視力矯正手術とは

メガネやコンタクトレンズでの矯正では、仕事や趣味、スポーツで満足する視力が得られず、 今では一般的に普及している、近視矯正手術のレーシックを希望して、眼科専門医の施設で、レーシックの適応検査を受けて適応となり、 レーシック手術を受けた方が多くいらっしゃいます。

レーシック手術の希望者が増えるのと比例して、高度近視であるとか、角膜が薄いなどの検査結果で、 レーシックの適応外になり手術ができない方も増えています。 そうした方々に対してレーシックに代わる選択肢として、ICLを使用した視力矯正をご紹介します。

ICLは折りたたんだ状態で、小さな切開口から眼内に挿入します。 切開口が小さいため、手術後早期から良好な裸眼視力を得ることが期待できます。また、レーシックは角膜を切除しますので、切除した部分を元に戻すことはできない「非可逆的な手術」ですが、ICLは取り出すことができる「可逆的な手術」であることも大きな特徴です。

ICLの特徴

  • ICLは小さな切開口から挿入します。
  • 角膜の形状をほとんど変化させずに手術を行うことができます。
  • 近視が強い方も受けることができます。
  • 角膜が薄く、レーシックを受けることが出来ない方も受けることが可能です。
  • 素材にコラーゲンが含まれていることで、生体適合性が高いレンズです。
  • 必要に応じてレンズを取り出すことが可能です。
  • 紫外線をカットする機能も含まれています。

手術の手順

1

点眼麻酔をして、角膜を3mm切開します。

2

切開した部分からICLを目の中に挿入します。

3

虹彩と水晶体の間にICLを安定させます。

ICLの手術実績

ICLは10年以上の実績があり、世界70ヵ国、375,000眼(日本国内7,000眼)以上の 手術実績があります。
日本以外にアメリカ、ヨーロッパ、アジア各国で承認された視力矯正方法です。

高度近視を対象とした有水晶体眼内レンズ手術の費用 自費診療

適応検査 3,000円(税込)

検査費 手術費 合計(税込)
両眼乱視なし 30,000円 824,500円 854,500円
両眼乱視あり 927,500円 957,500円

お支払い方法

●銀行振込<愛知銀行>(術前検査までにお振り込みください。)
●ローン(オリコ)※信販会社の審査が必要となりますので、手術の1ヶ月前までにお申し込みください。

医療費控除について

近視乱視矯正手術はほぼ医療費控除の対象となっています。詳しくは所轄の税務署にご確認ください。

生命保険について

近視乱視矯正手術は生命保険の適用となる場合があります。詳しくは保険会社にご確認ください。