抗血管新生療法

ルセンティス注射で治療できる適応疾患の拡大について

これまでは滲出型加齢黄斑変性のみが治療の対象でしたが、近視性脈絡膜新生血管と網膜静脈閉塞症に伴う黄斑浮腫にも適応になりました。

新生血管に対する治療

体内には新生血管の成長を活発化させる血管内皮増殖因子という物質があります。 ルセンティス治療は、この血管内皮増殖因子の働きを抑えることにより、新生血管の成長を抑制できます。

タップすると画像が拡大します。新生血管に対する治療

黄斑浮腫に対する治療

体内には新生血管の成長を活発化させる血管内皮増殖因子という物質があります。ルセンティス治療は、この血管内皮増殖因子の働きを抑えることにより、新生血管の成長を抑制できます。

ルセンティス治療では薬剤を白目の部分から眼の中心の硝子体という場所に注射します。(点眼で麻酔をしますので、痛みはほとんどありません)その後は月に1回、視力検査、眼底検査、光干渉断層撮影などを行い、新生血管や黄斑浮腫が残っている場合には、医師の判断により再治療が必要になります。

タップすると画像が拡大します。黄斑浮腫に対する治療

アイリーア注射で治療できる適応疾患の拡大について

これまでアイリーア硝子体内注射は中心窩下脈絡膜新生血管を伴う加齢黄斑変性のみが適応でしたが、新たに網膜中心静脈閉塞症に伴う黄斑浮腫の治療も追加承認されました。